photo by Satomi Asano

​本多ゆき恵 Yukie Honda

Piano、Keyboard、pianica、Comp.&Arr.
 

茨城県ひたちなか市出身。

ヤマハ音楽院エレクトーン科在学中ワークショップに来ていたベーシスト、ネイザン・イーストと、自身のオリジナル曲で共演を果たす。卒業後ヤマハシステム講師として23年間稼働。3歳から83歳の生徒にピアノ、エレクトーン、ソルフェージュを教える。「月刊エレクト−ン」のマンスリーアレンジャーを4年間務める。

幼稚園から中学校までスネアドラムを叩く機会が多かったことから自然に打楽器に興味を持ち、25歳の時キューバ国立民俗舞踊団主催のセミナーにてパーカッションクラスを受講、同じ頃結成されたラテンジャズバンド、La Giraldilla (ラ・ヒラルディージャ)に加入したことをきっかけにピアニストとしてライブ活動開始。2007年には首都ハバナにあるEGREMスタジオで、現地の有名ミュージシャンやエンジニアとともに3枚目のアルバムをレコーディングする。

現在はラテンやジャズ、Popsなどのライブを中心に、アーティストサポート演奏、保育園やセレモニーでの演奏、ミュージカルの音楽監督助手(元宝塚宙組 凰稀かなめ主演ミュージカル「花・虞美人」)音楽制作(観月ありさ企画・主演「キセキのうた」オープニング曲制作)劇伴即興演奏(市原悦子追悼朗読会)などジャンルの垣根を越えて活動中。
 

2016年より、よしもとTHE EMPTY STAGE ミュージックディレクターを担当。舞台上で即興で繰り広げられるコメディに即興で音楽を付けショーを盛り上げている。どんな音楽にも対応し、ダイナミックかつ丁寧に演奏することを心がけている。

キューバ音楽を中心とするワールドミュージックユニットDos Libros y Amigos 共同主催。

2019年に指導の仕事も再開、新宿区中井のBBミュージックアカデミー、練馬区大泉学園のフォリーナ音楽教室にてピアノ、エレクトーン、鍵盤ハーモニカのレッスンを担当している(詳しくはレッスンのページへ)。